BIOGRAPHY

寿司ドミナント Sushi Dominant

2017年、砂川怜誉(Pf)と池永太一(Drs)によって海老名にて結成される。2018年に浅羽葵偉(Ba)が加入し、ピアノトリオとしての活動を始める。

「チック・コリアから初音ミクまで」

ジャズを中心に、クラシック、ポップス、ラテン、ソウルなど様々なレパートリーを持つ一方、アニソンやボカロ曲も大好き、大得意。ジャンルに括られない新しいインストゥルメンタルの可能性を探求している。


Piano/Keyboad REY (砂川怜誉)

1995年5月30日生

尊敬するアーティスト:Lars Jansson、→Pia-no-jaC←、上原ひろみ

小学校入学から高校卒業までクラシックピアノを習う。高校卒業後、ピアノをもっと学びたい強い気持ちから尚美ミュージックカレッジへ入学。在学時、ラーシュ・ヤンソンの音楽を聴き衝撃を受けてEuropeJazzに傾倒する。

以降、バンドやサポート活動を経て、2017年に寿司ドミナントを結成。

「ピアノを通して、皆を幸せにすること」

をモットーに日々の演奏を心がけている。

Bass AOI (浅羽葵偉)

1994年10月13日生

影響をうけたアーティスト:Marcus Miller、Anthony Jackson、Hadrien Feraud、亀田誠治、大石昌良

1994年10月13日に千葉県に生まれる。小中と音楽とは無縁の生活を送っており、高校でも無縁でいる予定であったが魔が差してギター同好会に入会しギターを始める。Fのコードが弾けるようになったので満足してその年にベースに転向、学内のほか学外でライブやコンテスト、レコーディングを経験していく。その中でジャズに触れ魅力に気づき、ジャズをやろうと決めるが近くにジャズをやってる人がいなかったのでギターロックをやる。メンバーの音信不通、自然消滅、脱退など結成と解散の輪廻転成を繰り返し2018年寿司ドミナントに加入する。様々なバンド活動で培った幅広いジャンルを得意としバンドのボトムを支えている。

Drum ICHI (池永太一)

1998年5月11日神奈川県に生まれる。高校へ入学し、スティックを始めて握り、17歳の時、師匠池脇嘉一氏に師事。奏法からグルーヴ理論、ドラムの叩き方を教わる。

ポップスからラテン、ロック、ファンクなど幅広いジャンルを叩く、比較的手数の多いドラマー。