Satoshi Takagi

記事一覧(9)

Then we are new

ジャストなタイミングで彼は現れた。彼の奏でる音楽はどれも抜群のセンスで、どれも彼らしくて、どれも真新しかった。もし彼と出会えてなかったならスイングなんてしてなかったしサンバもファンクも遠い世界の話だっただろう。確か初めて彼の曲を耳にしたのは夏がスタートラインに立った頃。確かその年も春がバトン渡しに手間取っていた。まだすこし肌寒い日がときたまやってくるようなそんな季節の変わり目。見慣れた横浜の佳景を一瞥して歩いていたある日。ゆっくりとイヤホンから流れ込むその曲に、僕は心底うっとりと聴き惚れていた。初めて聴いたはずなのになぜか懐かしく、優しいはずなのにどこか力強い。『この曲にドラムを添えたい』『この曲を彩るのは俺だ。俺に違いない』思わず身体が勝手にリズムを刻んでしまうような、ワクワクが止まらない熱い気持ちが、胸の奥から溢れ出していくのに、そう時間はかからなかった。もう1年も前の話だけど、狂おしく、鮮明に、その感覚はまだ覚えている。これから先こんな気持ちになれることがあるだろうかっ!!きっとあるだろう。彼はこれからもそんな曲を作ってくれるに違いない。その瞬間に何度も立ち会えるのだから間違いなく僕は幸運な男だ。 この突発的な1週間連続ブログ投稿も最初は何を言ってるんだコイツは、、、。と思ったけど、やってみると悪くなかった。毎日毎日やらなきゃならないから全ての物事に感覚を研ぎ澄ませて1週間生きることができたよ!ありがとう!彼の案はいつも突拍子もないけれどどこか憎めないし、的を射ている。次はどんなことをしていこうかね?僕らはどこまでいけるのか楽しみだ親愛なる友人へ(たまには)感謝を込めて。